ロゴ
HOME>特集>住宅ローンは控除の対象!確定申告時には住宅ローン控除を忘れずに

住宅ローンは控除の対象!確定申告時には住宅ローン控除を忘れずに

女の人

住宅ローン控除とは

マイホームの購入は、多くの人にとっての憧れです。しかし、家の新築やマンションの購入には多額の資金が必要となり、決して簡単な買い物ではありません。そこで、個人がマイホームを取得する際の負担を軽減するために、国が設けている制度が所得税の住宅ローン控除です。これは、マイホームの取得あるいは新築・増改築に関して住宅ローンを利用した場合に、一定の条件の下で所得税の軽減が図られる制度です。住宅ローン控除は正式には「住宅借入金等特別控除」といい、年末時点でのローン残高の1%にあたる金額が10年間に渡り所得税額から差し引かれるものです。その適用を受けるためには、申告期間つまり該当する年の翌年2月16日から3月15日の間に確定申告を行う必要があります。

住宅模型とお金

確定申告の流れ

住宅ローン控除の適用を受けるためには、定められた期間に確定申告を行う必要があります。手続きは原則的に住所地の税務署で行いますが、その流れは最初の1年目と2年目以後で異なります。最初の年には確定申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書のほか、公的書類として市町村が発行する住民票の写しと法務局の家屋・土地等の登記事項証明書を提出します。また、これに加えて不動産売買契約書あるいは請負契約書のコピーと金融機関が発行する住宅取得資金に係る借入金の融資額残高証明書も必要となります。2年目以後の手続きでは、確定申告書と住宅借入金等特別控除額の計算明細書、そして住宅取得資金に係る借入金の融資額残高証明書を提出すれば良いこととなっています。1年目に用意した公的書類や不動産売買契約書あるいは請負契約書のコピーは必要ありません。また、サラリーマンなどの給与所得者については、勤務先の年末調整で手続きを済ませることも可能です。